2020.8.26 04:00

加藤シゲアキ、小説『オルタネート』11・19発売 NEWSへの思いも告白「ネタに事欠かない」

加藤シゲアキ、小説『オルタネート』11・19発売 NEWSへの思いも告白「ネタに事欠かない」

本棚を背にたたずむ加藤。以前よりも風格が増し、作家そのものだ=東京・新宿区

本棚を背にたたずむ加藤。以前よりも風格が増し、作家そのものだ=東京・新宿区【拡大】

 人気グループ、NEWSの加藤シゲアキ(33)が11月19日に長編小説「オルタネート」(新潮社)を出版することが25日、分かった。

 高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」を通じて3人の若者の運命が交錯する物語。今年の「小説新潮」1~9月号で連載され、1月号は同誌60余年の歴史で初めて重版された。

 加藤にとってエッセーなどを含む著書7作目で、長編小説は5作目。この日、本紙などの取材に対応し、「映像化してほしい」とアピールしたが、教師役で自身の出演の可能性を聞かれると、「登場する教師は全員女性。設定を間違えました」と笑わせた。

 2003年に9人で結成したNEWSは今年6月に手越祐也(32)が脱退し、加藤、小山慶一郎(36)、増田貴久(34)の3人に。加藤は「抜けたメンバー(手越)が『解散したい』と言っていたら話し合いになっていたかも」と明かし、「僕は解散することがNEWSを守るのではと、解散も選択肢にあると思っていた」と激白。それでも「待ってくれるファンがいる」と活動継続を決めた。

 これまで経験したことを小説化する?との質問に「数年後にフィクションに転換して書けるかも」とまんざらでもない様子。「創作は自分の体験からしか出ない。ネタに事欠かない環境です」と自虐的に笑い飛ばし、作家、アイドルの二刀流で前に進み続ける。