2020.8.21 18:26

杉本昌隆八段、藤井二冠へ贈った着物の“不敗神話”に「変な流れができてしまうと困る」

杉本昌隆八段、藤井二冠へ贈った着物の“不敗神話”に「変な流れができてしまうと困る」

特集:
藤井聡太二冠
杉本昌隆八段

杉本昌隆八段【拡大】

 21日放送のテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」(月~金曜前10・25)では第61期王位戦7番勝負第4局で4連勝し、最年少での2冠、八段昇段の偉業を達成した藤井聡太二冠(18)を特集。師匠、杉本昌隆八段(51)がゲスト出演した。

 番組では、藤井2冠が師匠から贈られた着物を着用して臨んだ6月28日の棋聖戦第2局、7月16日の棋聖戦第4局、そして20日の王位戦第4局でいずれも勝利したことに注目。“不敗神話”と題して取り上げた。

 杉本八段は、棋聖戦で藤井二冠が着た着物は「いつタイトル戦に挑戦してもいいように贈った」と1年ほど前に購入していたことを告白。さらに「和服を着て対局するというのは棋士にとって一番最高の舞台ですし、そこで弟子が戦ってくれるということで、『頑張ってほしいな』という思いを込めて贈りました」と明かした。

 一方で、着物の“不敗神話”については「いつも勝ってるんで。私が贈る着物に関係なく勝つ。常に彼は強いなと思います」と強調。続けて「逆に私の着物じゃないと勝てない、みたいな変な流れができてしまうとちょっと困る」と苦笑いだった。

 また、杉本八段は藤井二冠の異名を「異次元超特急」と命名、自筆の掛け軸で発表した。

 「藤井二冠って異次元の読み、異次元の強さとよくいわれています。昇進、昇段スピードがびっくりするぐらいはやい。将棋の攻め、寄せもはやい。なおかつ鉄道ファンということで名付けました」とコメント。「はじめは愛知県だし、東海エクスプレスもいいかなと思ったけど、新幹線になっちゃうんで」と、笑いを誘っていた。