2020.8.21 05:02

藤井二冠誕生に各界から祝福の声 桂文枝「まるでコンピューター」/将棋

藤井二冠誕生に各界から祝福の声 桂文枝「まるでコンピューター」/将棋

特集:
藤井聡太二冠
最年少で二冠を達成し、記者会見で花束を受け取る藤井聡太新王位=20日午後、福岡市内のホテル

最年少で二冠を達成し、記者会見で花束を受け取る藤井聡太新王位=20日午後、福岡市内のホテル【拡大】

 将棋 第61期王位戦第4局第2日(20日、福岡市・大濠公園能楽堂)高校生プロで後手の藤井聡太棋聖(18)が、先手の木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝でタイトルを奪取した。タイトル2期獲得の規定により、最高の九段に次ぐ八段に昇段した。藤井二冠は18歳1カ月で、1992年に羽生善治九段(49)が作った21歳11カ月の年少2冠保持、58年に加藤一二三・九段(80)が作った18歳3カ月の年少八段昇段を、それぞれ更新した。

日本将棋連盟会長の佐藤康光九段「この度は王位獲得、まことにおめでとうございます。最年少での2冠達成・八段昇段は『素晴らしい』の一言です。今後もより高みを目指して頑張っていただければと思います」

師匠の杉本昌隆八段「藤井聡太棋聖の王位獲得ならびに最年少での八段昇段をうれしく思います。期待と予想を大きく上回る活躍には毎回驚かされます。これで複数冠タイトル保持者となりましたが、まだまだ道半ば。さらなる高みに向かってどこまでも駆け上がってください」

アマチュア三段のタレント、つるの剛士(45)「もう、偉業すぎて、なにが起ころうと驚かない。藤井聡太二冠、史上最年少タイトル二冠獲得。八段昇格、おめでとうございます 凄すぎて溜め息がでる。」(ツイッターより)

アマ初段の落語家、桂文枝(77)「18歳ならおやつに甘いものを頼みそうなのに、アイスコーヒーとジュース、水分補給をしっかりして、まるでコンピューターを誘導するかのように、素晴らしき頭脳で指し切った。(中略)能舞台のシテとなった藤井二冠、さすがに脳が冴えていました」(原文ママ)

★サンスポ特別版「藤井棋聖誕生」24日発売