2020.8.21 05:01

藤井二冠誕生で地元・瀬戸市が大フィーバー!「ダブルオムレツ」も登場/将棋

藤井二冠誕生で地元・瀬戸市が大フィーバー!「ダブルオムレツ」も登場/将棋

特集:
藤井聡太二冠
王位獲得を祝して、藤井二冠の地元、愛知県瀬戸市では市民がくす玉を割って祝福した=20日午後(撮影・渡邊大輔)

王位獲得を祝して、藤井二冠の地元、愛知県瀬戸市では市民がくす玉を割って祝福した=20日午後(撮影・渡邊大輔)【拡大】

 将棋 第61期王位戦第4局第2日(20日、福岡市・大濠公園能楽堂)高校生プロで後手の藤井聡太棋聖(18)が、先手の木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝でタイトルを奪取した。タイトル2期獲得の規定により、最高の九段に次ぐ八段に昇段した。藤井二冠は18歳1カ月で、1992年に羽生善治九段(49)が作った21歳11カ月の年少2冠保持、58年に加藤一二三・九段(80)が作った18歳3カ月の年少八段昇段を、それぞれ更新した。

 最年少2冠&八段昇段の快挙に、藤井二冠の地元愛知・瀬戸市が歓喜に包まれた。朝日町の「せと銀座通り商店街」では拍手が湧きおこった。空き店舗のシャッターを使い大盤実況した衣料品店経営の飯島加奈さん(39)は「本当にびっくりですね。タイトルはどんどん取っていくとは思っていましたが、圧巻です」と大興奮。

 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅最寄りの複合ビル「パルティせと」の1階にある「喫茶スマイル」は、2冠にちなみ2種類のオムレツがのった「ダブルオムレツランチ」(1600円)を販売。21日も1日限定で「スペシャルダブルオムレツ」を提供する。

★サンスポ特別版「藤井棋聖誕生」24日発売

  • 喫茶「スマイル」は21日限定で、藤井二冠誕生を祝う「ダブルオムレツ」を提供する=20日午後、愛知県瀬戸市