2020.8.20 21:14

藤井二冠の着物「お似合い」大絶賛 装道礼法きもの学院・山中副学院長/将棋

藤井二冠の着物「お似合い」大絶賛 装道礼法きもの学院・山中副学院長/将棋

特集:
藤井聡太二冠
最年少で二冠を達成し、記者会見で花束を手に笑顔の藤井聡太新王位=20日午後、福岡市内のホテル

最年少で二冠を達成し、記者会見で花束を手に笑顔の藤井聡太新王位=20日午後、福岡市内のホテル【拡大】

 装道礼法きもの学院の山中緑副学院長(73)は、第4局の2日間で藤井二冠が着ていた着物を大絶賛した。

 「博多は帯が有名ですが、最近は和服の紬(つむぎ)も有名で、場所を意識した可能性もあります。着こなしは難しいですが、お似合いでした」と印象を語った。

 羽織は師匠の杉本八段から、新たに贈られたもの。山中先生は「若葉のような年齢に合った爽やかな色を選んだのでしょう。白にも、薄い緑の裏葉色にもみえますが、光の加減で色が変わる『夏大島』の羽織とお見受けいたしました。裏葉は平安時代からの伝統的な色です」と説明した。

 裏葉には季節的な意味合いも込められているという。「秋の七草の『葛(くず)』の葉を示すといわれています。『立秋』(今月7日)が過ぎて、23日に暑さが和らぎ涼しさを感じられる二十四節気の『処暑』(しょしょ)。秋めいた色合いも演出しているのでは」と分析した。

 羽織、長着、そして一番下に着るものを長じゅばんといい、男性は長じゅばんの色のコーディネートで独自のオシャレを楽しむという。藤井二冠は本局で19日に水色、この日は茶色と使い分け、清潔感をかもし出していた。

 山中先生は「棋聖戦でタイトルを取り、貫禄がついてきましたね。着る回数をこなすことで、着物も板についてきました」と、18歳の若き棋士の着こなしの上達ぶりを高く評価していた。

★サンスポ特別版「藤井棋聖誕生」24日発売

  • 藤井棋聖の着物のコーディネートを絶賛した山中先生