2020.8.20 18:22

ひふみん、藤井棋聖の2冠に「一棋士として非常に悦ばしい」

ひふみん、藤井棋聖の2冠に「一棋士として非常に悦ばしい」

特集:
藤井聡太棋聖
加藤一二三・九段

加藤一二三・九段【拡大】

 「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋界のレジェンド、加藤一二三・九段(80)が20日、自身のツイッターを更新。この日、行われた第61期王位戦七番勝負第4局の2日目で木村一基王位(47)を下し、王位を獲得した藤井聡太棋聖(18)を祝福した。

 藤井棋聖は棋聖位に次ぐタイトル奪取となり、最年少の18歳1カ月で2冠と八段昇段を決めた。これまでの最も若い2冠は1992年、羽生善治九段(49)が王座と棋王を獲得した21歳11カ月。八段昇段の最年少記録は58年、加藤一二三・九段(80)がつくった18歳3カ月だった。

 加藤九段はこの2つの偉業を「心よりおめでとうございます!!!!!」と祝福。「今後AI研究が如何に隆盛を誇ろうとも藤井聡太二冠には人間ゆえに見いだすことのできる芸術的な一手の探求を通して盤上で感動を紡いでいただければと願う」と続けてツイートし、将棋文化の魅力を伝え続けている藤井棋聖の活躍を「一棋士として非常に悦ばしい」と喜んでいた。