2020.8.10 18:48

「M-1」大阪開幕 ダブルアート真べぇ 優勝して借金2500万円返す!

「M-1」大阪開幕 ダブルアート真べぇ 優勝して借金2500万円返す!

M-1グランプリ1回戦に登場したダブルアートのタグと真べぇ(右)

M-1グランプリ1回戦に登場したダブルアートのタグと真べぇ(右)【拡大】

 若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2020」1回戦大阪大会が10日、大阪市内で開幕し、ダブルアートらが2回戦に駒をすすめた。会場は審査員と関係者のみで無観客で行われ、出場者全員の検温消毒を施して開催した。

 漫才を終えたボケのタグ(35)は「無観客の方が緊張しますね。お客さんがおって合わせるリズム感があるので、逆に今まではお客さんあっての漫才だったのかと実感しましたね」と振り返った。

 2010年に準々決勝進出が過去最高の芸歴13年目のコンビ。ツッコミの真べぇ(36)は大阪・ミナミで居酒屋「こっちこっち~」を経営しており、コロナの影響で大打撃を受けている。

 「6月にリニューアルオープンして、一回盛り返したんです。いい感じで8月まで来ていたんですけど、今のこの2回目のコロナで…。5人以上で飲みに行ったらアカンとかで、キャンセルがすごくて…」と売り上げは10分の1までに落ち込みんだ。

 さらに「ほんまに今つぶれるか、つぶれへんかのとこ。融資を受けることになって、今のところ2500万円の借金です」と苦しい台所事情を明かした。

 「M-1優勝しても、500万もらっても、まだ2000万円残る。優勝して売れて返していく。僕がM-1で優勝すれば勝手に店もはやると思うので」と意気込みを語った。

  • 無観客で行われたM-1グランプリ大阪会場初日