2020.8.4 17:45

読売テレビ・澤口アナ、高校時代に大谷をアナウンス「スターだなって思いました」

読売テレビ・澤口アナ、高校時代に大谷をアナウンス「スターだなって思いました」

 読売テレビの澤口実歩アナウンサー(24)が4日、アシスタントMCを務める日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に出演。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)との関わりを明かした。

 番組では2日のアストロズ戦後に右腕の違和感を訴えた大谷が検査を受け、3日になり球団が「右肘付近の筋肉損傷」と結果を発表し、今季の投手復帰が厳しい見通しであることを伝えた。

 これに関連した、メインMCのフリーアナウンサー、宮根誠司(57)に「澤口さんは岩手県(出身)で高校時代、野球部のマネージャーでしょ? 大谷選手の高校時代知ってます?」と話を振られると、「高校野球の球場アナウンスをしていたときに、ちょうど大谷選手も出られていて」と告白した。

 宮根が「えー! すごかった?」と尋ねると、澤口アナは「すごかったです。本当に身長が高くてしなやかでけがしてても思いっきり走るんですよね。スターだなって思いましたね」と振り返った。

 澤口アナは7月いっぱいで同番組を卒業した同局の林マオアナ(35)の後を受け、3日からアシスタントMCを務めている。