2020.8.2 17:28

「まんが甲子園増刊号」ネットで生配信 作画バトルも実施

「まんが甲子園増刊号」ネットで生配信 作画バトルも実施

 テーマに沿って高校生が漫画を描き、日本一を争う今年の全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)が新型コロナウイルスの影響で中止されたことを受け、代替イベント「まんが甲子園増刊号」が2日、インターネット上で生配信され、著名な漫画家や声優らから事前収録の動画で高校生に寄せられたメッセージが紹介された。

 「あしたのジョー」で知られるちばてつやさんは「君たちが育んできた漫画を描く技と心と力で、コロナで落ち込んでいる世界中の人々に感動と勇気と笑いと元気を送って」とエールを届けた。

 この日は、高知県と長崎県出身のプロ漫画家2人がそれぞれ1枚の紙に作品を描き、視聴者が投票して優劣を競う作画バトルも実施された。

 特設サイト「まんが甲子園オンライン」で「新しすぎる生活様式」をテーマに国内外の高校生が投稿した漫画を公開しており、主催する高知県によると、2日までに372作品が集まった。5日に審査結果を発表する。

 まんが甲子園は1992年から毎年開かれてきたが、今年は初の中止となった。