2020.8.1 05:03(1/2ページ)

71歳のアリス矢沢透がコロナ感染、入院も軽症 谷村、堀内は陰性

71歳のアリス矢沢透がコロナ感染、入院も軽症 谷村、堀内は陰性

PCR検査で陽性反応が確認され、入院したアリスの矢沢(右)。谷村(中央)と堀内は陰性だった=2019年12月撮影

PCR検査で陽性反応が確認され、入院したアリスの矢沢(右)。谷村(中央)と堀内は陰性だった=2019年12月撮影【拡大】

 3人組バンド、アリスのドラム、矢沢透(71)が新型コロナウイルスに感染したことが31日、分かった。関係者によると、7月17日に発熱の症状があり、自宅療養を続けていたが、28日にPCR検査を受けたところ陽性と確認。31日に入院した。メンバーの谷村新司(71)と堀内孝雄(70)は陰性。谷村はこの日夜、大阪のラジオに生出演し「しかるべき治療をして安心な状態になって戻ってきてくれると思っています」と報告した。

 東京都の感染者が初めて400人を突破するなど再び猛威をふるう新型コロナウイルスに音楽界の重鎮も襲われていた。

 この日、谷村はアリスのレギュラー番組である大阪・MBSラジオ「ヤングタウン」(金曜後10・0)に生出演。

 「矢沢が先日PCR検査を受けた結果、残念ながら陽性と判断されました。すぐに谷村、堀内も検査を受け、陰性でしたが、大事を取って当分の間、2人でスタジオとリモートで交代しながら放送します」と説明した。

 放送前にネットニュースで報じられたことでファンからは激励の声が殺到。「気合を入れるため」アリスのTシャツとジャンパー姿でマイクに向かった谷村は「多かったのは『71歳ですのでくれぐれもお体に気をつけて回復を祈っております』。そんなみんなの言葉はキンちゃんにも届いてると思う」と話した。

【続きを読む】