2020.7.31 02:30

三浦春馬さんドラマ、収録途中だった4話で完結 生涯最後の演技が見られる

三浦春馬さんドラマ、収録途中だった4話で完結 生涯最後の演技が見られる

三浦春馬さん

三浦春馬さん【拡大】

 18日に急死した俳優、三浦春馬さん(享年30)が出演予定だったTBS系「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜後10・0)が、代役を立てず、収録途中だった4話で完結する形にして放送されることが30日、分かった。複数の関係者によると、台本を書き直し、残された共演者で今後撮影に入る。9月15日から放送がスタートすることも決まった。

 三浦さんの生涯最後の演技が、作品として残される。

 「おカネの切れ目が恋のはじまり」は、お金に対する価値観が正反対の男女が繰り広げる“じれキュン”ラブコメディー。女優、松岡茉優(25)が主演し、三浦さんは、玩具会社の御曹司でお金にルーズな相手役で出演。亡くなる前日の17日まで撮影に参加していた。

 だが、4話の途中まで収録していた矢先に、三浦さんが帰らぬ人に。制作サイドでは、ドラマの放送自体を見送ることも検討されたが、協議を重ねた結果、「三浦さんの最後の作品をお蔵入りさせるべきではない」との意見もあり、4話完結のドラマとして放送することを決めたという。

 現在は、物語として成立するように台本を練り直しており、台本が完成し次第、共演者のスケジュールを調整して撮影に入る。スタート日は9月15日になることも決定。近くTBSが発表するとみられる。

 三浦さんは14日に同作への出演が発表された際、インスタグラムでドラマを紹介。「日に日に暑くなって参りましたが、キャスト、スタッフ一同、テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります! 楽しみにしていてください!」と意欲を見せていた。インスタは、これが最後の更新となっていた。

 三浦さん自身も楽しみにしていたドラマが放送されることになり、天国で喜んでいるにちがいない。

★「せかほし」で追悼テロップ

 三浦さんがMCを務めるNHKの紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」(木曜後10・30)が30日、放送された。死去後、新しい出演作品が放送されるのは初めて。冒頭では追悼テロップが流れた。この日は「キッチンから世界旅行」と題して世界の食を紹介。三浦さんの笑顔に、ネット上では「亡くなったなんて信じられない」などと改めて悲しみの声が相次いだ。番組は生前収録した3本分の1本で、残りは8月20日、27日に放送。番組は継続する予定。