2020.7.30 05:03

川口春奈、元極道の妻に!10月スタート「極主夫道」で玉木宏と初の夫婦役

川口春奈、元極道の妻に!10月スタート「極主夫道」で玉木宏と初の夫婦役

日本テレビ系「極主夫道」に出演する川口春奈(C)中村和孝

日本テレビ系「極主夫道」に出演する川口春奈(C)中村和孝【拡大】

 女優、川口春奈(25)が10月スタートの日本テレビ系「極主夫道(ごくしゅふどう)」(日曜後10・30)で俳優、玉木宏(40)と初の夫婦役を演じることが29日、分かった。主演の玉木扮する元極道の専業主夫の妻で、デザイナーとして働くキャリアウーマン役。玉木と6年前に映画で共演して以来、2度目のタッグを組む川口は「2人でお出かけしたり、お家でのシーンも楽しみです」と年上夫との結婚生活に胸を高鳴らせた。

 玉木と川口が風変わりな年の差夫婦を演じる。

 「極主夫道」は同名漫画が原作で、玉木演じる裏社会に数々の伝説を残した凶悪な極道・龍(玉木)が結婚を機に極道から足を洗い、専業主夫になった姿をコミカルに描く作品。

 川口は、38歳の龍の10歳下の妻・美久役。デザイナーとして働くパワフルなキャリアウーマンだが、天然な一面があり、ルーズで片付けや料理が苦手で、家事は龍に任せきりという設定だ。

 時代劇初挑戦となったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)では織田信長の正室・帰蝶(濃姫)を好演し、今作が大河登場後初の民放連ドラ。信長を支える聡明な妻から、元極道の夫のために働く妻と、新たなキャラクターを開拓する。制作側は「“最強の妻”を今最も勢いのある女優の1人である川口さんに演じていただき、期待感しかない」と胸を躍らせる。

 玉木と川口は、2014年に公開された玉木の主演映画「幕末高校生」で共演以来のタッグで、初の夫婦役となる。

 川口は玉木の妻役に「今から、玉木さんの龍がとても楽しみでワクワクしてます。2人でお出かけしたり、お家でのシーンも楽しみです」と“結婚生活”を心待ちに。自身の役については、「バリバリのキャリアウーマンだけど、アニメ好きな一面もあったりと、いろんな顔を持っているのかなと思います。旦那さんとのシュールなシーンは個人的に楽しみなので、ツッコミを入れたりあきれたりしながら、楽しくやっていけたらと思います」とアピールした。

 川口は1月に公式YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」を開設し、登録者数が100万人を突破。動画は長崎・五島列島の実家への帰省の様子を伝えたり、愛犬のアム(フレンチブルドッグのメス、5歳)を風呂場で洗ったり、目分量で大雑把に料理をしたり、スター女優らしからぬ素顔さらして大人気だ。4月からは日本テレビ系「Going!Sports&News」(土、日曜後11・55)の10周年スペシャルキャスターを務め、女優業以外でも大活躍している。

  • 「極主夫道」の原作での美久(C)おおのこうすけ/新潮社