2020.7.16 21:43

スプレー後にたばこで爆発 岡山、車内の男性やけど

スプレー後にたばこで爆発 岡山、車内の男性やけど

 16日午後2時45分ごろ、岡山県倉敷市の住宅工事現場付近で、外壁工事業の男性(43)=同県玉野市=が窓を閉めて停車中の軽ワゴン車内でコールドスプレーを使用後、たばこを吸おうとライターの火を付けたところ、爆発した。玉島署によると、男性はやけどを負って病院に運ばれたが意識はある。軽ワゴン車は窓ガラスやドアなどが壊れた。

 署によると、爆発で工事中の住宅の窓が曲がったほか、付近の別の車の車体がへこんだり、約20メートル離れた小学校の体育館の窓ガラスが割れたりした。署は爆風や飛来物などが原因とみている。

 付近の住人の女性(42)が「ドーン」という爆発音を聞き、煙を見た他の人の話を聞くなどした上で約10分後に119番した。男性は休憩前、1人で住宅のリフォーム作業をしていたという。