2020.7.4 04:00(1/2ページ)

“相葉どうぶつ園”が10月開園 日テレ系「天才!志村どうぶつ園」は9月終了

“相葉どうぶつ園”が10月開園 日テレ系「天才!志村どうぶつ園」は9月終了

特集:
相葉雅紀

相葉雅紀【拡大】

 3月29日に新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなったタレント、志村けんさん(享年70)が司会を務めた日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・0)が9月いっぱいで終了することが3日、分かった。4月以降も番組名を残して続けたが、スタートから16年半をもって“閉園”。同番組に出演する嵐の相葉雅紀(37)が遺志を継ぐ形で、10月から新番組「I Loveみんなのどうぶつ園」(仮題)がスタートする。

 「志村どうぶつ園」がフィナーレを迎え、相葉が新番組で志村園長のスピリットを継承する。

 同番組は2004年4月にスタートし、園長役の志村さんらが動物と交流するバラエティー。チンパンジーのパンくんら動物スターも誕生した。志村さんが3月29日に死去してからも、番組名を残して放送を続けていた。

 制作側は「志村さんが動物に全力で愛情を注いできた姿、視聴者の皆さまを笑顔にしたいという思い、その志村さんの教えを胸に、番組を制作してきました」と志村園長亡き後の番組について述懐。「しかしながら、志村さんのアドバイスで設計し、志村さんとの思い出の詰まったスタジオで、志村さんという存在なしにこれからずっと番組を作り続けていくことはつらく難しい」と、9月で“閉園”するに至った理由を明かした。

 スタート時からレギュラーを務めてきた相葉が志村園長の遺志を継ぐ形で、10月にスタートする新番組「I Loveみんなのどうぶつ園」(仮題)のMCに就任する。

 テーマは動物たちが持つ「一生懸命さ」や「けなげさ」や「純粋さ」。相葉が「志村-」で培ってきた経験や持ち前の優しさを生かし、日本や世界の動物園や水族館から街の片隅に生きる動物たちまで1匹1匹の個性を紹介する。ロケ取材中心の番組になる。

【続きを読む】

  • 志村けんさん