2020.6.17 20:38

須藤元気氏、立民離党は山本太郎氏応援のため「都で頑張ってもらいたい」

須藤元気氏、立民離党は山本太郎氏応援のため「都で頑張ってもらいたい」

須藤元気氏

須藤元気氏【拡大】

 立憲民主党の須藤元気参院議員(比例)は17日、離党届を提出したと記者団に表明した。7月5日投開票の東京都知事選でれいわ新選組の山本太郎代表を応援すると明言。「消費税減税や反緊縮財政を掲げる山本氏に都で頑張ってもらいたい」と述べ、宇都宮健児氏の支援を決めている立民との意見の違いを離党の理由に挙げた。

 これに対し、立民の福山哲郎幹事長は須藤氏側に離党届を差し戻し、再考を促した。須藤氏が比例選出のため「離党の意思が固いのであれば、議員辞職を求める」と記者団に強調した。

 須藤氏は昨年の参院選比例代表で7万票余りの個人名票を獲得。立民が確保した8議席の最下位で初当選した。比例で議席を得ながら離党する判断について記者団に問われ「政党に投票した人には申し訳ない」としつつ、議員辞職は否定した。