2020.6.7 17:27

ペナルティ・ヒデ、ワッキーの休養に気合「彼の居場所を守っていかないといけない」

ペナルティ・ヒデ、ワッキーの休養に気合「彼の居場所を守っていかないといけない」

ペナルティのヒデ

ペナルティのヒデ【拡大】

 お笑いコンビ、ペナルティのヒデ(49)が7日、ニッポン放送「日曜競馬ニッポン」(日曜後2・30)に出演。中咽頭(ちゅういんとう)がんの治療のため、芸能活動を一時休養することを発表した相方・ワッキー(47)への思いを語った。

 吉本興業によると、ワッキーは4月上旬に首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で繰り返し検査を受診。その結果、初期の中咽頭がん(ステージ1)の診断を受けた。放射線化学療法での治療を行うため、8日から7月下旬まで入院。8月末まで休養する予定。

 相方の突然の休養発表に、ヒデは「私もそうでしたが、ファンの方や関係者の皆さん、驚かれたでしょうし、心配をおかけして申し訳ございません」とコメント。「(ワッキーは)非常に前向きな男でして、しっかりと治療に専念するということですから。元気な姿と復帰後の一発ギャグなんかを皆さんに期待して待っていただけたら。どうか温かく見守ってほしい」と呼びかけた。

 また、相方の病状を聞いた時の心境を「すごくショックでしたね。身体ほんとに丈夫なやつだったので」と明かしたが、既に気持ちは前向きなようで「僕、もしかしたら誰よりも一番(復帰を)楽しみにしているかもしれませんね。また2人で劇場でネタをやったり、ラジオに呼んでいただけたり、皆さんの前に立つことができたらいいなと思っております」と、復帰を心待ちにした。最後は「彼の居場所を守っていかないといけない」と、一人での芸能活動に気合を入れた。