2020.5.24 19:00

東方神起 自身初のオンライン公演 日本デビュー15周年迎え「すべて皆さんのおかげ」

東方神起 自身初のオンライン公演 日本デビュー15周年迎え「すべて皆さんのおかげ」

自身初のオンラインライブを行った東方神起のユンホ(左)とチャンミン

自身初のオンラインライブを行った東方神起のユンホ(左)とチャンミン【拡大】

 韓国の人気デュオ、東方神起が24日、韓国で自身初のオンライン公演「Beyond LIVE-TVXQ! Beyond the T」を世界に向けて開催した。

 2人の卓越したパフォーマンスと、高度なAR(拡張現実)や3Dグラフィックス、双方向コミュニケーション機能など最新技術が合わさり、ライブ会場にいるかのようなダイナミックな演出でみせる斬新なステージ。

 5曲目「ANDROID」で、ユンホ(34)が「いくぜ、みんな一緒に!!」と日本語で叫ぶと、同曲から「Trigger」、「明日は来るから~TOMORROW Version~」と日本語曲3曲を立て続けにサプライズ歌唱。日本の視聴者からは大歓声が沸き起こった。

 4月27日に日本デビュー15周年を迎えた東方神起。同25、26日の東京ドーム公演と同27日に同所で予定していた記念イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で見送っており、日本のファンへの感謝の気持ちを楽曲で表現した。

 ユンホは「4月に予定していたイベントを見送って僕たちも残念な気持ちでいっぱいでしたが、楽しみにしていたファンの皆さんのために日本の曲も準備しました」とおちゃめに語り、「(15周年を迎えたことは)すべて皆さんのおかげだと思います」と感激の表情。

 チャンミン(32)は「皆さんとこうしてお会いすることを楽しみにしていました。離れているけれど、『Beyond LIVE』を通じて皆さんとつながっていることに時代の恩恵を感じます」とはにかんだ。

 「Beyond LIVE」は、最新技術と公演を結び付けた世界初のオンライン専用有料ライブで、動画配信サービス「V LIVE」を通じて世界各国に配信。東方神起カラーの赤いサイリュームを手に持ち、赤いTシャツを着た視聴者らがスクリーンに映し出され、レッドオーシャンに彩られる中、2人はさまざまな言語であいさつし、視聴者とリアルタイムでビデオトークする場面では感激して涙を浮かべるファンもいた。

 約2時間20分、「Maximum」では宮殿、「Why?(Keep Your Head Down)」ではヘリコプターが登場するなど14曲を最先端技術で魅せ、チャンミンは「必ず明日は来るから、健康に気を付けてみんなで一緒に乗り越えましょう」と笑顔。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でライブやイベントの延期や中止が相次ぎ、大きな損失を生んでいるライブビジネスに新たな歴史を刻んだ。

  • 自身初のオンラインライブを行った東方神起のユンホ(右)とチャンミン