2020.5.24 16:02

和田アキ子、演出を真に受けての批判は「もうかなわない」

和田アキ子、演出を真に受けての批判は「もうかなわない」

和田アキ子

和田アキ子【拡大】

 歌手、和田アキ子(70)が24日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。視聴者がテレビの演出を真に受けることについて語った。

 番組では23日に22歳で亡くなったプロレスラー、木村花さんの訃報を取り上げ、出演していたフジテレビ系の恋愛リアリティ番組「テラスハウス」での木村さんの振る舞いに対しネット上で誹謗中傷が多数あったことなどを紹介した。

 和田は「うちらは芸能界、古くなってきたから(中傷されても)『これはもう、しゃあないな』と思うけど、22(歳)でさ、女の子だと誰に相談して、どうしていいかわからない」と眉間にしわを寄せ、共演者に「うちらも気をつけなあかんね。これから後輩に対して、何かあるときは相談に乗ってあげられるような雰囲気(を作らなければいけない)」と呼びかけた。

 さらに和田は「バラエティー(番組)なんかで『こう言って下さい』とか『強く怒って下さい』って(演出されることは)よくあるもんね」と話し、「それを(視聴者に)そのまんま捉えられて何か言われるの、もうかなわないよね」と嘆く。これについてお笑いコンビ、サバンナの高橋茂雄(44)は「(視聴者は『テラスハウス』を)“恋愛ドキュメンタリー”っていうふうに見てるから、(撮影した)一部だけが使ってもらって(編集されて)オンエアされてるっていうのが伝わらずに、(放送に使われた部分が)その子の全部の人格のように映るのも怖いです」との見方を示した。