2020.5.23 06:00

桜庭ななみ主演のフジ系「13」延期で谷原章介主演「犯罪症候群Season2」を全国区の地上波で初めて再放送

桜庭ななみ主演のフジ系「13」延期で谷原章介主演「犯罪症候群Season2」を全国区の地上波で初めて再放送

桜庭ななみ

桜庭ななみ【拡大】

 女優、桜庭ななみ(27)主演で6月6日にフジテレビ系「オトナの土ドラ」枠でスタート予定だった「13(サーティーン)」(土曜後11・40)が新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で放送を延期することが22日、分かった。

 新型コロナの影響で3月末からドラマの撮影中止に伴う延期で、同時間帯は2017年にWOWOWでオンエアされた俳優、谷原章介(47)主演の「犯罪症候群Season2」を再放送する。

 「犯罪症候群」シリーズは、東海テレビとWOWOWが初めて共同制作した社会派サスペンス。17年4~5月に俳優、玉山鉄二(40)主演のシーズン1がフジ系「-土ドラ」枠、同年6~7月に谷原主演のシーズン2がWOWOWの「連続ドラマW」枠(日曜後10・0)で放送され、共演の渡部篤郎(52)とともに渋い演技派3人の好演で人気を博した。

 今回、シーズン2を全国区の地上波で初放送。恋人を殺され、正義と復讐(ふくしゅう)の間で葛藤する刑事を演じた谷原はコメントを寄せ、「事の大小はありますが、どんな人にも選択を迫られる場面はあります。ご自身に起こったこととして見ていただければ、より深くこの世界に入れると思います」と視聴者に呼びかけた。