2020.5.23 05:00(3/3ページ)

【ヒューマン】10年ぶりにコンビ復活したアンタッチャブル 24日深夜のTBSラジオ“一夜限りの最終回”で本当の再出発が来るぅ~

【ヒューマン】

10年ぶりにコンビ復活したアンタッチャブル 24日深夜のTBSラジオ“一夜限りの最終回”で本当の再出発が来るぅ~

スマートフォンによるオンライン取材に応じた柴田=東京・大手町

スマートフォンによるオンライン取材に応じた柴田=東京・大手町【拡大】

 活気あふれる現場の雰囲気が楽しく、山崎は一時、柴田に内緒で有田の座付き作家になろうと考えたほど。しかし、アンタは03年に決勝初進出したM-1で国民的コンビに。山崎は「それで仕事が半端なく忙しくなった」と感謝した。

 今回のオンライン取材は、それぞれのスマホ画面で行っていたが、途中、柴田の通信が途切れがちになり、急きょ山崎側に移動。まさかのツーショットでスマホに収まることになった山崎は「トラブルは必ず柴田?」とツッコむと、柴田は「トラブルのときはこうやってイジってもらうと、ホント助かる~」としみじみ。

 つかず離れずの距離感が魅力のアンタ。コンビの目標を聞くと、山崎は「まずは何か面白いことを言うことでしょ」とシンプルに即答。笑いを求める本能は不変だ。

 山崎はステイホームの過ごし方にも言及。15年に結婚した一般女性との間に長女(3)と昨年12月に誕生した次女がおり、「トランポリンを買って一緒に楽しんでいます。たまに飛び過ぎて天井に頭ぶつけたり」と家でも笑いを取っているようだ。一方の柴田はフジテレビ系「志村友達」(火曜深夜放送)でお笑いコンビ、千鳥の大悟(40)と司会を担当して好評。動物好きでも知られ、現在はTSUTAYAオリジナル配信番組「アンタッチャブル柴田の動物ちょっといい話」を配信している。

  • スマートフォンによるオンライン取材で「シカゴマンゴ」復活を喜ぶ山崎(左)と柴田。最初は別々のスマホ“からの~”取材で、途中で柴田が山崎の画面に“来るぅ~”=東京・大手町
  • スマートフォンによるオンライン取材に応じた山崎=東京・大手町