2020.5.22 13:56

草刈民代がYouTubeチャンネルで、菅原小春らダンサー7人と踊りでつなぐ映像を制作

草刈民代がYouTubeチャンネルで、菅原小春らダンサー7人と踊りでつなぐ映像を制作

草刈民代

草刈民代【拡大】

 女優で元バレリーナ、草刈民代(55)が企画・プロデュースし、さまざまなジャンルのダンサーが参加したダンス映像が22日、公式YouTubeチャンネル「dancers eight」で配信を開始した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって踊る場を失っているダンサーと、人々にポジティブになってもらえる作品を届けたいとの思いから映像制作を行った。

 草刈の呼びかけに応じたのは、菅原小春(28)、麿赤兒(まろあかじ、77)、熊谷和徳(43)、上野水香(42)、辻本和彦(42)、中村恩恵(50)、平原慎太郎(39)の7人。バレエ、コンテンポラリーダンス、タップ、ストリートダンス、舞踏などのさまざまなジャンルのダンサーが集まった。

 8人はオンラインで情報を共有し、各自がスマホで撮影し、踊りを映像によってつなぐ作品を完成させた。楽曲は現代音楽の巨匠フィリップ・グラス氏の作品を使用。欧州在住のピアニスト、滑川真希氏を通じてグラス氏にも参加依頼をし、楽曲提供につながったという。演奏は、オフリス・ギター・カルテットが担当した。

 草刈は企画理由について「踊る場を奪われてしまったダンサーと一緒に、今だからできるものを創ってみたい。皆さんにポジティブな気持ちになっていただけるような作品を届けたいと思ったからです」と力を込め、「表現者たちは『表現する意志』でつながっています。この時期だからこそ生まれた、私たちの試みを楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

  • 菅原小春
  • 磨赤兒(写真:白鳥真太郎)
  • 熊谷和徳
  • 上野水香(写真:KENTAROMINAMI)
  • 辻本知彦
  • 中村恩恵
  • 平原慎太郎