2020.5.21 05:00

高校野球大好き芸能人も絶句…かみじょうたけし「秋の甲子園はダメ?」

高校野球大好き芸能人も絶句…かみじょうたけし「秋の甲子園はダメ?」

かみじょうたけし

かみじょうたけし【拡大】

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まった20日、高校野球ファンの芸能人から落胆の声が相次いだ。夏の甲子園中止は戦後初で、選抜大会と春夏連続の中止は戦時中を除いて史上初。

高校野球通のお笑いコンビ、トータルテンボスの藤田憲右(44)「現高校3年生の選手の気持ちを考えるといたたまれない。戦わずして野球を終える。こんな不条理はない。この先、野球を続ける球児も辞めてしまう球児もいずれこの経験をプラスにできるように強くたくましく社会に出てきてほしい」

高校野球大好き芸人として知られるお笑いタレント、かみじょうたけし(42)「残念です。それしかない。球児たちにかける言葉なんて何処を探しても見つからない。個人的には決定をもう少し待っていただきたかった。開催方向で準備はしつつ、あと1カ月は待てたかなぁと。彼らの心と身体が非常に心配です。夏の甲子園がだめなら、秋の甲子園はダメなんですか?」

強豪・済美高校(愛媛)で野球部だったお笑いコンビ、ティモンディの高岸宏行(27)「大事なのは問題が起きたことではなく問題をどう捉えていくかだと思います。どんな時でも前を向いていくことで力が湧き出たり、楽しく人生を進んでいけると僕は信じています。甲子園という目標に向かって厳しい練習を乗り越えてきた皆さんなら今回の壁も乗り越えていける力があるはずだし、それを糧にして今後の人生に繋げていけるはずです」

高校野球通のお笑いコンビ、ロッチの中岡創一(42)「頑張ってきた高校球児たちは目標がなくなるわけですから何らかのサポートをしてあげてほしいです。“悲運にも屈せぬ心”沢山の練習を頑張って耐えてきたことを誇りにし、高校球児には乗り越えてもらいたい。そして全力で野球を楽しめるときがきてほしいです」

横浜高時代に1年後輩の松坂大輔(39)とバッテリーを組んだタレント、上地雄輔(41)「悔しさと納得しなければいけないという気持ちでまだ整理がついてない生徒のみなさんがたくさんいると思いますが、いつかこの事が次のステージかまたは違うフィールドで活かせるんだと信じて前に進んでほしいです」