2020.5.17 12:50

太田光、芸能人の政治発言批判に「なぜ自分の方が世の中を知っている前提に立てるのか」

太田光、芸能人の政治発言批判に「なぜ自分の方が世の中を知っている前提に立てるのか」

太田光

太田光【拡大】

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(55)が17日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。検察庁法改正に抗議意思を示すツイートを投稿した女優の小泉今日子(54)や歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(27)ら芸能人を批判する人たちへ苦言を呈した。

 検察官の定年を延長する検察庁法の改正部分を含んだ国家公務員法改正案を巡っては、検察庁の独立性が安倍政権にゆがめられかねないと懸念する声が出ている。この著名人の抗議に関して、一部では「芸能人が政治を語るな」「歌手は歌だけ歌っていろ」など批判的なコメントもあるという。

 太田は「歌というのは、メッセージなんですよ。いろんな価値観を広く世間にメッセージとして伝えている。相手にしているのは観客、大衆、言い方を変えれば国民ですよ。きゃりーは、国民に対してそのメッセージを伝えてて、社会現象にまでなってる。キョンキョンも、そう。長い間トップスターというか、俺なんかが見えない、あの人たちにしか見えない景色を、広い日本社会っていう世の中を見ている」ときゃりーや小泉ら芸能人から見える社会の側面もあると主張。

 その上で、芸能人は政治を知らないという批判に対し、「自分の方が世の中を知っている、なんでその前提に立てるのか?」と疑問を投げかけ、「そういう前提を確信して持てるってこと自体が、まず間違っているし、こんなヤツの言うことは、全く聞く必要がない」と苦言を呈した。