2020.5.13 09:42

夏に食べたいチョコレートってどんなもの?タカオカチョコレートがアンケートをもとに開発した理想の夏チョコ!?「チョコミントボール」が7月に発売

夏に食べたいチョコレートってどんなもの?タカオカチョコレートがアンケートをもとに開発した理想の夏チョコ!?「チョコミントボール」が7月に発売

商品イメージ

商品イメージ【拡大】

 高岡食品工業株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:松田 順子、以下 タカオカ)は、「夏に食べたいチョコレートとはどのようなものか?」をテーマにユーザーアンケートを実施致しました。その結果をもとに開発した夏向け新商品「チョコミントボール」を2020年7月より発売致します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/212289/LL_img_212289_1.jpg

 商品イメージ

 ■開発の背景

 チョコレートのメインシーズンは冬季であり、夏季と冬季で大きく売上が変動します。その理由として、一般的には「夏場には清涼感に欠けるチョコレートは敬遠され、アイスやジュースにシェアを奪われてしまうから」とされています。しかし一方で、昨年夏にタカオカがTwitter上で実施したキャンペーンでは「夏にもチョコレートを食べたい」「夏場でも溶けにくいチョコがあればいいのに」といった声が多くあり、タカオカはそのような皆様の声にお応えすべく夏場向け新商品の開発に着手致しました。開発にあたっては率直に皆様の希望するものを作りたいと考え、チョコレートが好きな方を対象に「夏に食べたいチョコレートとはどのようなものか?」というテーマで改めてアンケート調査を実施致しました。

 ■調査概要

 期間:2020年4月17日

 対象:「Gunosy」のユーザー(チョコレートが好きだと回答した10代~70代の男女)

 人数:1,000人

 調査:Gunosyリサーチ

 ■調査結果

 (1)「夏場にもチョコレートをよく食べますか?」という質問に対する回答

 ・はい…77%

 ・いいえ…23%

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/212289/LL_img_212289_2.jpg

 グラフ1

 (2)夏場にもチョコレートをよく食べると回答した方のうち「夏場にチョコレートを選ぶとき、どのようなことを重視しますか?」という質問に対する回答

 ※重複回答あり

 ・溶けたり手についたりしにくいこと…70.5%

 ・味に清涼感があること…20.0%

 ・見た目(色合いなど)が涼し気であること…14.5%

 ・その他…14.9%

 画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/212289/LL_img_212289_3.jpg

 グラフ2

 (3)夏場にはチョコレートをあまり食べないと回答した方のうち「夏場にチョコレートを食べないのはなぜですか?」という質問に対する回答

 ※重複回答あり

 ・溶けて手が汚れるのが嫌だから…54.9%

 ・常温保存しにくい(外に持っていきにくい)から…54.0%

 ・夏場に甘いものを食べるなら清涼感のあるものの方が良いから…30.1%

 ・見た目が暑苦しいから…11.5%

 ・その他…2.7%

 画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/212289/LL_img_212289_4.jpg

 グラフ3

 (4)夏場にはチョコレートをあまり食べないと回答した方のうち「清涼感のあるチョコ、保存しやすいチョコ、手を汚さず食べられるチョコ、涼しげな見た目のチョコがあれば夏場でも食べたいですか?」という質問に対する回答

 ・はい…76%

 ・いいえ…24%

 画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/212289/LL_img_212289_5.jpg

 グラフ4

 今回のアンケートは、チョコレートが好きな方のみを対象に実施致しました。その中でも、第一の質問「夏場にもチョコレートをよく食べますか?」に対し、「はい」と答えた方に対しては夏場のチョコレート購入時に重視するポイントを掘り下げて質問し、「いいえ」と答えた方に対しては夏場に食べたくない理由や、食べたくなるにはどうすればよいのかなどを質問しました。

 その結果、夏場にチョコレートを選ぶ際の動機としては見た目や味の清涼感よりもまず「溶けない/手に付かない」といった機能性を重視する方が圧倒的に多く、兼ねてからSNS上で寄せられていた声が可視化された形となりました。

 一方、夏場にはチョコレートを食べたくないという理由の第一も「溶けて手が汚れるのが嫌」「保存しにくい」などの機能性に関わる部分であり、夏場にも食べると回答した方の動機を裏付ける結果となりました。

 また、夏場にはあまり食べないと回答した方であっても、「手が汚れない」「常温保存しやすい」といった機能性のあるものであれば夏場でも食べたいと回答しており、チョコレートの味そのものが敬遠されているわけではないことが判明しました。

 尚、味に関しては決め手とはならないものの、「清涼感があればなお良い」という傾向が示されました。

 ■調査結果をもとに開発

 今回のアンケート結果を受け、タカオカは夏向け新商品「チョコミントボール」を開発致しました。

 何よりもまず「溶けてべたつかない」「手が汚れない」ことを実現するため、球形のチョコレートをキャンディでコーティングし、更に一粒ずつキャンディ風のひねり包装を施しました。キャンディ層が中身のチョコレートを保護するため溶け出すことはなく、ひねり包装のため中身に直接触れずにお口に入れることができます。キャンディは薄い層になっているため、軽い食感でチョコレートと一緒にそのまま噛んで召し上がれます。

 パッケージにはチャック付きのスタンドパックを採用。バッグの中や机の引き出しなどに入れて、お好きな時に少しずつ食べやすいスタイルです。

 また、キャンディ層は清涼感のあるミントキャンディになっています。一般的にチョコミントはチョコレート自体にミントフレーバーを付したものであり、ミントとチョコの味が同時に来るためミント単体の清涼感は感じにくくなりますが、本商品は外層のキャンディ部分をミント味に仕上げてあるため口に入れた瞬間爽やかなミントの香りがダイレクトに広がります。

 ■高岡食品工業について

 タカオカは明治10年にお菓子問屋として創業し、戦後間もない頃よりチョコレート製造を開始しました。創業から数えると142年の歴史を持つ老舗メーカーです。1972年に発売したロングセラー商品「むぎチョコ」などで知られておりますが、現在も「他社にないユニークなもの」をコンセプトに新商品開発を続けております。

 ■会社概要

 商号 : 高岡食品工業株式会社

 代表者 : 代表取締役社長 松田 順子

 所在地 : 〒660-0824 兵庫県尼崎市東本町4丁目1番地

 設立 : 1948年5月21日

 事業内容: 各種チョコレート類の製造・加工および販売

 資本金 : 8,400万円

 URL : https://takaokachocolate.co.jp/

 【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

 高岡食品工業株式会社

 Twitter: https://twitter.com/takaokachoco/

 Mail : info@takaokachocolate.co.jp

  • ■■掲載えとき■■グラフ1
  • ■■掲載えとき■■グラフ2
  • ■■掲載えとき■■グラフ3