2020.5.13 04:00

ジャニーズ版We are the worldだ 期間限定ユニットTwenty★Twenty結成

ジャニーズ版We are the worldだ 期間限定ユニットTwenty★Twenty結成

Twenty★Twenty

Twenty★Twenty【拡大】

 V6や嵐らジャニーズ事務所の所属タレント76人が期間限定ユニット、Twenty★Twenty(トゥエンティー・トゥエンティー)を結成し、チャリティーソング「smile」を歌うことが12日、分かった。故ジャニー喜多川前社長が生前に結成を明言していた夢の企画で、Mr.Childrenの櫻井和寿(50)が作詞作曲。収益金(発売日、形態未定)はコロナ禍で奮闘する医療従事者などの支援に充てる。

 ジャニーさんの“息子たち”が一丸となり、新型コロナと闘う国民の背中を後押しする。

 Twenty★Twenty(通称・トニトニ)はV6、嵐やKinKi Kids、King&Princeら15組76人が参加するジャニーズ史上最多ユニット。同事務所の支援活動「Smile Up! Project」の一環で、76人が歌で思いをつなぐチャリティーソング「smile」をCDや配信など何らかの形で発売し、収益金を医療従事者の支援などに役立てる。

 トニトニは2013年にジャニーさんが東京五輪開催に合わせてJr.40人で結成すると発表したユニット名。昨年7月にジャニーさんが亡くなり、東京五輪も来年に延期されて構想が消滅しかけたが、今年3月29日~4月1日にYouTubeでライブを配信した嵐らから「チャリティーソングを歌えたら」と提案があり、同事務所の滝沢秀明副社長(38)が役回りやメンバーを変えて恩師の構想を実現。先月、ミスチルの櫻井に楽曲制作を依頼した。

 櫻井は05年から野外イベント「ap bank fes」の収益金で環境保全に取り組むなど積極的に慈善活動をしており、オファーを快諾。今月上旬に参加メンバーが決まり、個別にレコーディングを進めている。

 ミディアムバラードの「smile」は♪だけど忘れないで [君の笑顔に逢える] それだけで生きていける僕がいる…の歌詞が印象的。ジャニーズと初コラボした櫻井は「皆さんほど、このフレーズを歌うにふさわしい方はいない」と絶賛のコメントを寄せた。

 ジャニーズといえば、阪神淡路大震災の被災地支援のため、1997年にTOKIO、V6、KinKi Kidsで「J-FRIENDS」を結成。チャリティーソング発売などで得た収益金約9億1800万円を寄付するなど、慈善活動に力を入れてきた。

 トニトニはジャニーさんが残した最後のグループ名。滝沢氏は「ジャニーの集大成として社会貢献できれば」と誓った。

 ◆マスク寄贈100万枚に

 ジャニーズ事務所は「Smile Up! Project」で医療従事者に防護服3万3000着、マスク73万枚など3億3000万円相当を寄贈すると発表していたが、マスクが100万枚に増え、総額3億6000万円に。SNSでは俳優、木村拓哉(47)の手洗い動画やTOKIO・城島茂(49)の除菌剤作りなどを配信してファンに元気を届けている。

 ◆マライア、ジェニロペら海外でも支援積極的

 海外アーティストも支援活動を積極的に行っている。11日には米歌手、マライア・キャリー(50)やジェニファー・ロペス(50)らが出演した募金イベントがインターネットなどを通じて行われ、約1時間で1億ドル(約107億円)以上が集まった。また、先月18日に米三大ネットワークやYouTubeなどで医療従事者らを応援する世界的な音楽イベントが同時放映され、レディー・ガガ(34)やポール・マッカートニー(77)ら多くの人気ミュージシャンが自宅などから歌や演奏を届けた。

  • 櫻井和寿