2020.5.12 07:00

NHK林田理沙アナ、“世界一幸せな動物”の名前は「ハッピーちゃん」

NHK林田理沙アナ、“世界一幸せな動物”の名前は「ハッピーちゃん」

取材会に臨む林田理沙=東京都渋谷区(撮影・蔵賢斗)

取材会に臨む林田理沙=東京都渋谷区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 NHKの林田理沙アナウンサー(30)が11日、メインキャスターを務める「首都圏ネットワーク」(月~金後6・10)に生出演。カンガルーの仲間で、笑っているようにみえる表情から“世界一幸せな動物”とも呼ばれる「クオッカ」の名前を提案した。

 番組ではこの日、埼玉・東松山市の「こども動物自然公園」が、飼育しているオーストラリアに生息するカンガルー科の動物「クオッカ」の日常をSNSで発信する取り組みを始めたことを紹介した。

 「クオッカ」の名前はまだ決まっておらず、動物園では今後、募集するとしている。「もし名前をつけるなら」と問われた林田アナは、「単純なんですが、ハッピーちゃん。こんなときだからこそ、私自身もクオッカのように口角を上げて笑顔を大切に過ごしていきたいと思いました」と癒された様子だった。