2020.5.11 15:37

ホリケン、名倉潤の休業に「もっと会話しとけばよかった」「責任感じました」

ホリケン、名倉潤の休業に「もっと会話しとけばよかった」「責任感じました」

堀内健

堀内健【拡大】

 ネプチューンの堀内健(50)が11日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に生出演。メンバーの名倉潤(51)の休業について言及した。

 MCの伊集院光(52)は「ネプチューンの3人は、本当にお互いの足りないものをきちんとフォローし合ってる、凄いいいトリオだと思うんだけ」と切り出すと、「名倉君がさ、ちょっと体調不良になったじゃん。あんなんどうだったん?」と尋ねた。

 堀内は「いつも楽屋で、俺と(原田)泰造ばっかりしゃべってて、潤ちゃんいつも鏡見て、なんかちょっと自分の世界に入ってるような感じで新聞読んだりしてたから」と楽屋での様子を明かした。「慣れてきちゃって、会話も減ってきちゃってたから。もっと会話しとけばよかったなぁって思って、ちょっと責任感じましたね」と当時の心境を述べた。

 これを受けて伊集院は「名倉君はすごく大人だから。『いろいろ今日の番組、どうやろうか』とかプラン練ってるタイプじゃん。で、2人はテンション上げてそのまま入っていこうとするタイプだからさ」とタイプの違いを指摘し、「その間にちょっと名倉君追い詰められてたのかね?」と語った。

 名倉の印象を「いつもクールな感じだから」という堀内は、名倉の変化に全く気付かなかったという。「相談受けたときにビックリしましたね。『え?そうだったの?』って。結構ダメだってなっちゃってたから。泰造が『これは病院行った方がいいよ』って。潤ちゃんも初めてそこで、病院行くみたいな感じになったから。潤ちゃん自身も何がモヤモヤしてんのか分からなかったみたいですね」と振り返った。