2020.5.7 13:13

菅官房長官、アイヌ文様のマスク着用 「文化発信に」

菅官房長官、アイヌ文様のマスク着用 「文化発信に」

アイヌの魔除け紋様がデザインされたマスクを着け、会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸(撮影・春名中)

アイヌの魔除け紋様がデザインされたマスクを着け、会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸(撮影・春名中)【拡大】

 菅義偉官房長官は7日、渦巻き状のアイヌ文様の刺しゅうが入った布マスクを着用して記者会見に臨んだ。理由を問われ「病気を体に入れない魔よけの願いが込められている。アイヌ文化の発信にも資する」と説明した。菅氏は、政府のアイヌ政策推進本部の本部長を務めている。

 これまでの会見では、不織布の使い捨てマスクを着用していた。布マスクは、北海道登別市のアイヌ関係者による手作りだという。

  • アイヌの魔除け紋様がデザインされたマスクを着け、会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸(撮影・春名中)
  • 会見に臨む菅義偉官房長官=首相官邸(撮影・春名中)