2020.4.26 11:30

【ジャナドル日記 Azully】愛人契約は10兆円! 社長グラドルのリアルな裏話を告白

【ジャナドル日記 Azully】

愛人契約は10兆円! 社長グラドルのリアルな裏話を告白

特集:
ジャナドル
サンスポGoGoクイーン

 ジャナドルとして活動中の社長グラドル・Azullyが、今回はファンクラブ専用チャットのみで公開している裏話を少しカミングアウトしたいと思います。

 実は…。「いくらで愛人になってくれる?」と、交渉をもちかけられることが時々あります。

Azully

 “愛人”と聞くと皆さんは何を想像しますか?

 グラビアアイドルの“愛人キャラ”としての“心の愛人”ではないパターンで、現実的な愛人だとしたら…。不倫、不貞行為、フリーランス○○嬢、特殊関係使用人、損害賠償責任など、とてもダークでリスキーなイメージが私の頭の中をよぎります。

 なので私が金額を聞かれた時の回答は「10兆円なら考える」です。

 なぜ10兆円なのか? 以前は「1億円なら」や「10億円なら」と答えていました。しかし、1億円だと分割払いの話をされたり、10億円だと本業の仕事の発注に絡めてくるような話をされたりするのでやめました。

 10億円のケースは、本業の労務提供で一部相殺したり、企業買収のような提案だったり、公私ともに奴隷レベルの大損失が予測できるといったカラクリがあります(そもそも公私ともに絡みたくないですが)。

 断り文句の1億円も10億円も通用しないどころか、さらに複雑な交渉をされるのです。

そこで、どこかの国の国家予算レベルの金額に上げないと一蹴できないなと、価格改正しました。

 今のところ10兆円は効果的です。

 あまり聞き慣れない単位なので、衝撃的で冗談になりますし、時価総額としても「10兆円じゃないと売りません」と100%オーナーの自分自身が勝手に主張する分にはアリかなと。買える人も買いたいと思う人もいなくなりますし、値引き交渉を頑張ったところで「5兆円が限界かな」と丸く収まる(?)ので。

 禁止されている、売り物じゃない、プライスレス、心から好きになれる人云々…と正論が通用するといいのですが、なかには趣向を凝らして好かれようとしたり、上手に反論したりする努力家も多いです。

 ということでモラルの主張は諦め、同じ価値観であるかのように価格を提示したうえで、相手の意思で「厄介だな」と諦めてもらうほうがスムーズだと考えました。

Azully

 他にもファンクラブではオープンなSNSでは書けない、秘密の暴露話が盛りだくさんです。また、もっといい断り方のハウツーや、高度な交渉術で成功体験がある方の情報提供など、ご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。「Azully.jp」公式サイトのお問い合わせフォームやTwitterのDMでお気軽にご連絡ください。

Azully(アズリー)

「社長グラドルはカラダが資本」がキャッチコピー。ITサービス会社など2社を経営しながら、2016年秋に水着モデルデビュー。TVやイベント等で「社長グラドル」と紹介され、社長業とグラビアモデル業の両軸で活動中。163センチ、B87W57H88。血液型B。趣味は水泳、ネットサーフィン、ボディーメイキング、ゴルフ、料理。特技、ウェブ解析。サンスポGoGoクイーンファイナリスト。