2020.4.10 11:30

【歴代GoGoクイーン連載(1)】初代女王が得たもの…未来の3代目クイーン候補生も募集中!

【歴代GoGoクイーン連載(1)】

初代女王が得たもの…未来の3代目クイーン候補生も募集中!

特集:
サンスポGoGoクイーン
グラビア通信

 「第3回サンスポGoGoクイーン オーディション」の開催にあたり、歴代クイーンが6日連続で自身の経験談を交えながら、未来の3代目クイーン候補生に募集を呼びかけます。

(左から)薄井しお里、河路由希子、高崎かなみ、西永彩奈、水咲優美、竹川由華

 第1回は初代クイーンの3人がオーディションに挑戦し、クイーンになって得たもの、良かったこと、タレントとして成長したことなどです。

高崎かなみ

高崎かなみ

 ◆初代サンスポGoGoクイーングランプリ・高崎かなみ(22)

 私は「サンスポGoGoクイーン オーディション」を受けるまで本当に仕事がなくて、最初はグラビアの仕事に抵抗がありました。でも、挑戦してみたら、グラビアにはグラビアの良さがあるのが分かってきて、人に見せることへの楽しみも分かってきました。

 「サンスポGoGoクイーン」のグランプリをいただいてから、お仕事の幅が大変増えました。雑誌のグラビアに呼んでもらえたり、撮影会もたくさんやらせていただき、ファンの方もたくさん増えて、やってよかったなと思いました。

 お仕事の幅を増やしたいと思っている方に、ぜひ挑戦してもらいたいなと思います。

河路由希子

河路由希子

 ◆同準グランプリ・河路由希子(23)

 「サンスポGoGoクイーン」の準グランプリになってから、たくさんのことを経験させてもらいました。ボートレースが好きと話したことがきっかけで、いろんなお仕事につながりました。趣味が増えるし、お仕事も増える、すごくいい1年になりましたので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

薄井しお里

薄井しお里

 ◆同審査員特別賞・薄井しお里(29)

 小学生の頃からグラビアアイドルになるのが夢だったので、フリーアナウンサーとして活動していた自分にとって「サンスポGoGoクイーン オーディション」が人生の転機となりました。

 本当にかなえたかった夢だったので、一歩踏み出したことが大きな一歩につながり、今グラビアアイドルとして活動させてもらっています。踏み出してよかったなと思っているので、夢をかなえたいと思っている女の子たちの架け橋になれれば。

 ●「第3回サンスポGoGoクイーン オーディション」募集要項●

 【応募資格】グラビアアイドルに意欲的で、スポーツや公営ギャンブル、釣りなどに興味関心があり、特技にしたいなど、モチベーションが高い18歳以上の明るく健康的な女性。また、選考期間中および選出後にファンが参加する撮影会などで水着になって出演できる女性

 【応募方法】全身とバストアップの写真を貼付した宣材プロフィルをサンスポGoGoクイーン事務局宛てに郵送、またはinfo@sanspo55.com宛てにメールを送信してください

 【応募締め切り】6月1日(郵送、メールともに必着)

 ★詳細は公式サイトhttp://www.sanspo55.comへ。