2020.4.9 12:09

ホリエモン、勾留中の男が感染で「留置所が崩壊するかも」

ホリエモン、勾留中の男が感染で「留置所が崩壊するかも」

堀江貴文氏

堀江貴文氏【拡大】

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(47)が9日、自身のツイッターを更新。警視庁で勾留されている男がコロナウイルスに感染したというニュースに反応した。

 警視庁は8日、渋谷署の留置場で勾留していた50代の男について、新型コロナウイルス感染を確認したと明らかにした。潜伏期間の目安とされる2週間以上前から勾留されており、高熱が出ているという。警視庁で勾留している人の感染確認は初めて。警視庁は男の取り調べをした捜査員や留置場の担当者ら計17人を自宅待機としている。

 堀江氏はこのニュース記事を引用し、「この問題、結構根が深い。留置所が崩壊するかも」と留置場の感染拡大を危惧していた。