2020.4.6 16:50

三浦瑠麗氏、非常事態宣言を「世論に押し切られて行う意味がいったいどこにあるのか」

三浦瑠麗氏、非常事態宣言を「世論に押し切られて行う意味がいったいどこにあるのか」

特集:
緊急事態宣言
三浦瑠麗

三浦瑠麗【拡大】

 安倍晋三首相(65)は新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づき、緊急事態宣言を発令する意向を固めた。6日午後に発令を準備すると表明し、早ければ7日に宣言を出して8日から効力を発生させる方向だ。対象地域は東京を含む首都圏や大阪、兵庫を軸に調整する。感染が全国的かつ急速にまん延し、国民生活や経済に甚大な被害を及ぼす段階に入ったと判断した。

 国際政治学者、三浦瑠麗氏(39)は自身のツイッターで「非常事態宣言を、世論に押し切られて行う意味がいったいどこにあるのか。宣言があってもなくてもホテル部屋借り上げ代は支払うだろうしまず要請・調整する。日本の慣行からしていきなり接収はありえない。非常事態宣言で休業補償がついてくるわけでもなく、かえって企業側の休業手当支給は放棄できる」と訴えた。