2020.4.1 05:01

歌手・加門亮さん死去…61歳、多機能不全

歌手・加門亮さん死去…61歳、多機能不全

死去した加門亮さん

死去した加門亮さん【拡大】

 1995年にNHK紅白歌合戦に出場した歌手、加門亮(かもん・りょう、本名・梁瀬茂=やなせ・しげる)さんが30日午前10時58分、がんによる多機能不全のため、東京都内の病院で死去したことが31日、分かった。61歳だった。

 所属事務所によると、加門さんは2018年秋に腰痛を訴え、整形外科などで治療をしていたが、昨年3月に胃がんと診断されて入院。余命2カ月と宣告され、肺、脳など全身に転移。入退院を繰り返し、今月30日朝に容体が急変し、近親者や事務所会長に看取られて息を引き取った。

 葬儀・告別式は密葬で行い、喪主は兄の土屋邦利さんが務める。後日、偲ぶ会を開く予定。

 加門さんは、作曲家、中村泰士(80)の門下生となり、1988年に「海峡物語」でデビュー。95年に「男の慕情」で紅白に初出場した。