2020.3.27 11:44

宝塚音楽学校の合格発表にもコロナが影響

宝塚音楽学校の合格発表にもコロナが影響

ホームページでの合格発表となった宝塚音楽学校

ホームページでの合格発表となった宝塚音楽学校【拡大】

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市、小林公一校長)が27日、今春入学する108期生の合格者40人を発表した。

 同校の合格発表は校舎裏に設置された掲示板に受験番号が掲示され、合格者が歓喜の涙を流す場面が春の風物詩となっていたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、学校の公式サイトのみでの発表となった。

 娘役志望の梶原捺(なつめ)さん(16)は阪急線の西宮北口駅プラットホームでスマホで合格を確認。異例の合格発表となったが、「昨年(掲示板に)番号がなかったので、今年もなかったらトラウマになりそうでした。でも、合格だったので見たかったですね」と2度目の挑戦で合格を勝ち取り、喜んだ。

 受験したのは852人で倍率は21・3倍。直近10年で最少となった。合格者の中には102期生で花組娘役の鈴美梛(すずみな)なつ紀の妹、岡原ゆづきさんらが名を連ねた。最高身長は175センチで平均は166・1センチ。

 発表後に同校で行われた入学説明会は合格者1人に対し保護者2人までと制限された。4月17日に入学式を迎え、2年間の教育を受ける。

  • 宝塚音楽学校の合格発表後、入学説明会に訪れた合格者=27日午前、兵庫県宝塚市