2020.3.26 11:10

古市氏、小池都知事会見は「すごく無責任」「補償とセットじゃないと」

古市氏、小池都知事会見は「すごく無責任」「補償とセットじゃないと」

古市憲寿氏

古市憲寿氏【拡大】

 社会学者の古市憲寿氏(35)が26日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に生出演。新型コロナウイルスの感染者急増を受けて、25日に都庁で記者会見した東京都の小池百合子知事(67)について「すごく無責任」と不快感をあらわにした。

 小池都知事は25日夜、都庁で緊急記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「今週末の不要不急の外出は控えていただきたい」と都民に要請した。さらに平日はできるだけ自宅で仕事を行い、夜間も外出を控えるよう求め、「感染爆発の重大局面」と現状を表現した。

 番組でこのニュースを取り上げると、古市氏は小池都知事の会見について「僕の知り合いの飲食店オーナーもすごく怒っていて。自粛を呼びかけられました、お店やっていいのか、やってはいけないのか。やらなかった場合、休業補償っていうのはどうなるのか」と飲食店のオーナーの気持ちを代弁。「『自粛』って言葉だけで、日本人の同調圧力に期待して。『自粛してください』っていう、あいまいな呼びかけっていうのは自分的にはすごく無責任だなと思います」と怒りを押し殺した表情で語った。

 話は進み、再びこの話題になると「自粛を要請するんであったら、補償とセットじゃないと。飲食店側に丸投げされている状態で。法的にはやってもいいんだけども、やると怒られる」と首をひねり、「『大丈夫ですよ』って言ってくれないと。今は完全にお店側の自己責任じゃないですか。あまりにも酷なんじゃないかな」と苦言を呈した。