2020.3.25 15:45

山本彩、選抜総選挙は「あれ以上恐怖におびえることはない」

山本彩、選抜総選挙は「あれ以上恐怖におびえることはない」

山本彩

山本彩【拡大】

 元NMB48の山本彩(26)が25日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に出演。NMB48時代について振り返った。「あれだけメンバーもいる中で、目に見えて競う場面が多い。それが結果によって、ファンの方との絆が深まったりとか、感謝ができたりというありがたさがあったんですけど。精神的に大変だなって思うことは多かったですね」と現役時代を語った。

 タレント、伊集院光(52)からAKBグループの選抜総選挙について尋ねられると、山本は「むしろ、それがあったから盛り上がったってのは、いいと思う。総選挙はあれ以上恐怖におびえることはないなっていう。経験ですね」と回答した。

 伊集院は「『別に順位じゃない』っていうのは簡単じゃん。一度(上位を)とっちゃうと、絶対下がったってことになるし」と話すと、「そうなんですよね。どれをとっても結局なんか…」と応じた。

 自身が卒業に至った経緯については、「どんどん後輩が目まぐるしい成長を遂げまして」と話し、「こんなに若い後輩たちが育ってきてるのを邪魔するのが申し訳ない。一歩後ろに下がるようになったんですけど、そういう気持ちのままやり続けるのはどうなのかなって思い始めて」と当時の心境を明かした。