2020.3.24 11:30

舛添要一氏、小池都知事に苦言「危機管理が分かっていない」

舛添要一氏、小池都知事に苦言「危機管理が分かっていない」

舛添要一氏

舛添要一氏【拡大】

 元厚生労働大臣で前東京都知事の舛添要一氏(71)が23日、自身のツイッターを更新。東京の都市封鎖を示唆した小池百合子都知事に苦言を呈した。

 舛添氏は「小池都知事が東京の都市封鎖を言い出した。危機管理が分かっていない」と指摘。「東京はパリやローマではない。危機に準備するのは当然だが、政治指導者はフェーズに応じた対策を適確に打ち出さねばならない」とし「今必要なのは、正確な感染状況の把握と高齢者と基礎疾患のある者を優先して医療崩壊を阻止することだ」と持論を展開した。

 東京都はこの日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対策会議を開き、4月12日まで大規模なイベントの自粛を続けるとした。小池知事は終了後の記者会見で「感染の爆発的な増加を抑え、ロックダウン(都市封鎖)を避けるために不便をお掛けするが、ご協力をお願いしたい」と呼び掛けた。