2020.3.24 06:00

三谷幸喜氏、香取慎吾のコメディーセンス絶賛「日本を代表する一人」

三谷幸喜氏、香取慎吾のコメディーセンス絶賛「日本を代表する一人」

アマゾンプライムビデオ「誰かが、見ている」でタッグを組む左から香取慎吾、三谷幸喜=東京・世田谷区

アマゾンプライムビデオ「誰かが、見ている」でタッグを組む左から香取慎吾、三谷幸喜=東京・世田谷区【拡大】

 元SMAPの香取慎吾(43)が、劇作家の三谷幸喜氏(58)が脚本と監督を担当するAmazon Prime Videoのドラマ「誰かが、見ている」(今秋配信)に主演することが23日、分かった。

 出演者と舞台を固定し登場人物の置かれた状況で笑わせる「シチュエーションコメディー」に初挑戦。三谷氏とはNHK大河ドラマ「新選組!」など多くの作品でタッグを組んだだけに、香取は今回の収録でも同氏から次々と飛び出すリクエストに応じて熱演し「むちゃなこととか、よく分からないことに応えるのが楽しい」と充実感たっぷり。三谷氏は、香取のコメディーセンスの良さを「喜劇俳優として日本を代表する一人。三木のり平さん以来の逸材」と絶賛した。

  • アマゾンプライムビデオ「誰かが、見ている」でタッグを組む香取慎吾(手前)、三谷幸喜=東京・世田谷区