2020.3.14 07:46

別所哲也、カップ麺は1分待たず食う「いわゆるバリカタ」 麺は全くほぐれず

別所哲也、カップ麺は1分待たず食う「いわゆるバリカタ」 麺は全くほぐれず

別所哲也

別所哲也【拡大】

 俳優、別所哲也(54)が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後10・15)に出演。せっかちすぎてカップ麺を1分待たず食べると明かし、実演してみせた。

 番組では別所の「せっかちポイント」として「コンビニで店員の袋詰めが遅いと自分でやる」や「アメ玉はなめずに噛む」など4つが紹介された。

 MCのお笑いコンビ、ダウンタウンの浜田雅功(56)は「せっかちって言ったらこの最後やな」とフリップの一番下に書かれた「カップラーメンは1分待たずに食べる」に注目。共演者からは「本当ですか?」と疑問の声が上がった。

 「(3分)待つ理由はなんですか? 逆に」と、そのタイミングで食べるのが当然のように語る別所。松本人志(56)は「(時間は)ちょっと多めに書いてるとは思う」と指定の時間より短めで食べることには理解を示したが「ただ1分はありえない」とやはり懐疑的な様子。それでも別所は「お湯入れます。そのまま割箸で崩しながらスープ飲みながら」と説明。坂上忍(52)から「やってみましょう」と提案され、テーブルには複数のカップ麺が用意された。

 「テレビ用とかやめましょうね」と声が上がる中、別所はカップ麺にお湯を注ぎ、直後から「見てください。ほらもうだいぶ」とカチカチの麺に箸を入れ始める。給湯から約30秒、別所はバッキバキの麺を持ち上げながら「いわゆるバリカタ」と主張。その後、一度スープをすするとそのまま麺を口に運んだ。

 さらに別所は天ぷらそばのカップ麺についても普段の作り方を披露。そもそも“先に入れる派”と“後から入れる派”で分かれるポイントだが、別所は「後入れ派です」として、給湯後にかき揚げを投入。そのままかき揚げの上から箸を突き立てて麺を崩しにかかる。結局、浜田に頭をたたかれながらも給湯から約23秒ほどで麺を口にした。麺はほとんどほぐれておらず、これを見ていた松本は大爆笑。「ウソつけ! そんなヤツおるか!」と声を張り上げてツッコんでいた。