2020.3.10 19:16

ジローラモ、イタリアの感染拡大は政府の対応が裏目に「同じ人が2週間後、逆のことを…」

ジローラモ、イタリアの感染拡大は政府の対応が裏目に「同じ人が2週間後、逆のことを…」

特集:
ローラ
パンツェッタ・ジローラモ

パンツェッタ・ジローラモ【拡大】

 イタリア出身のタレント、パンツェッタ・ジローラモ(57)が10日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。イタリアで新型コロナウイルス感染が拡大の一途をたどっていることについて語った。

 ジローラモはイタリアでの感染が急速に広がった理由について「イタリアは(多くの感染者が発生した)北のほうが(移動が)制限されたじゃないですか? (政府が)『あした制限します』と言ったら、その間にみんな移動するんです」と話し、その中のウイルスを保有している人物が南部に移動するといった現象が起き、政府の対応が裏目に出た可能性を指摘した。

 新型コロナウイルスが世界に広がりつつあった段階で、イタリア国内でもウイルスがまん延するのではという不安から、中国人に対する差別が発生したという。「テレビで(学者や医師などの)先生とか、政治家が出て『イタリアではそういうこと(感染の拡大)はないよ。心配しないでよ。中国人も仲間だから食べに行ってくださいよ』(と差別をやめるように呼びかけた)。同じ人が2週間後、逆のことを言ったんです。『ヤバい』。一般の人がそれを見ると、『どうしよう』とか『ふざけてるんじゃないかな』と言って(パニックに陥った)」との見方を示した。