2020.3.10 15:53

広瀬すず、コメディー初主演映画は「メチャクチャ言葉が汚い」とざんげ

広瀬すず、コメディー初主演映画は「メチャクチャ言葉が汚い」とざんげ

特集:
広瀬アリス&広瀬すず
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した広瀬すず=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した(左から)吉沢亮、広瀬すず、堤真一、浜崎慎治監督=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した広瀬すず=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した(左から)吉沢亮、広瀬すず、堤真一=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した(左から)吉沢亮、広瀬すず、堤真一=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した(左から)吉沢亮、広瀬すず、堤真一=青山迎賓館(撮影・田村亮介)
  • 映画「一度死んでみた」の大ヒット祈願ミサに出席した広瀬すず=青山迎賓館(撮影・田村亮介)

 女優、広瀬すず(21)が10日、東京・青山迎賓館のチャペルで行われた主演映画「一度死んでみた」(20日公開、浜崎慎治監督)の大ヒット祈願ミサに出席した。

 同作はデスメタルバンドでシャウトする反抗期女子(広瀬)が、科学オタクで仮死状態の父親を救うために奮闘するコメディー。製薬会社社長の父親役、堤真一(55)と秘書役の吉沢亮(26)も同席した。

 劇中のバンドがミサと称してライブをすることから、異例のチャペルでのヒット祈願を敢行。厳かな雰囲気の中、3人は聖書に手を置き「アーメン」と唱えた。

 劇中、髪をピンクに染めて革ジャン姿で熱唱、反抗期という設定の広瀬は、「(せりふは)メチャクチャ言葉が汚くて、今は反省しています」と“ざんげ”。吉沢も「走るシーンではすぐ息がゼーゼーして。日ごろから体力づくりをしておこうと思った」と反省した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止で学校の臨時休校やイベント中止などが相次ぐ中、広瀬は「少しでも早く日本中に笑いが戻って、優しい気持ちになってほしい。その背中を押す作品になればと思います」と願っていた。