2020.3.6 05:01

芥川賞・又吉直樹&直木賞・門井慶喜氏が「ねやがわPR大使」就任

芥川賞・又吉直樹&直木賞・門井慶喜氏が「ねやがわPR大使」就任

左から門井慶喜氏、広瀬慶輔・寝屋川市長、又吉直樹=5日午後、寝屋川市役所

左から門井慶喜氏、広瀬慶輔・寝屋川市長、又吉直樹=5日午後、寝屋川市役所【拡大】

 お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(39)と直木賞作家、門井慶喜氏(48)が5日、大阪・寝屋川市役所で「ねやがわPR大使就任式」に出席した。同市出身の又吉と同市在住の門井氏が“ゆかりの街”を全国にアピールする。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため全国の小中高校で休校措置が取られているが、又吉は「この機会に本を読んでもらいたい。自分が本を書いているからというより、読書好きだから。やっぱり本は面白い。本を読むと普通の日常も楽しくなる」と芥川賞作家として“読書のススメ”を説いた。さらに、「退屈なときにやる遊びですが」と前置きした上で、「サッカーと文学が好きなので、サッカーのフォーメーションを近代文学の作家でつくる」と珍アドバイスも飛び出した。

 具体的には「太宰(治)と芥川(龍之介)をツートップにして。関係性を考えて、太宰と三島(由紀夫)は距離を離して…。井伏鱒二を置いて全体のバランスを整えて。最後にテクニシャンの安部公房を置いて」と力説し、笑いを誘った。