2020.2.29 17:28

橋下徹氏「10~40歳の元気な人は家で寝とけ」“全員PCR検査”は不要

橋下徹氏「10~40歳の元気な人は家で寝とけ」“全員PCR検査”は不要

橋下徹氏

橋下徹氏【拡大】

 前大阪市長で弁護士、橋下徹氏(50)が29日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)に出演。新型コロナウイルスの検査に使われているPCRについて「一般の人がどんどんやる必要はない」と私見を述べた。

 パネラーとして出演した大阪市立大、朴一教授が「韓国は日本と違って簡易キットを配ったんですよね。で、普通の病院でも受診できて、みんな自分が感染しているかどうか判断できる」と韓国の対策事例を紹介。その上で「日本の場合はそれさえしてないでしょ。韓国みたいに簡易キットを早く認可して配らないと対処できませんよ。誰が罹っているか罹っていないかわからないから」と指摘した。

 これに対し橋下氏は、「PCRも重症化するような人を見つける為に必要で、一般の人がPCRをどんどんやる必要はないんですよ」と反論。「はっきり言って10歳から40歳くらいの元気な人は、普通の風邪のような感じで家で寝とけって政府がバシっと言えばいいんですよ。全員PCRなんかやらなくていいんですよ。やれやれやれやれって不必要なこと煽るからおかしくなる。いらないんです。だって、やったってどうするんですか?」と私見を述べた。

 元TBSのフリーアナウンサー、吉田明世(31)からは「人にうつしてしまうことが怖いので知っておきたいというのはあります」という声も上がったが「だから家で寝とくのがいいんです。家で自宅待機しとけばいいんですから」と強調した。