2020.2.18 13:14

宝塚雪組トップの望海風斗、退団会見 「私の人生はすべて宝塚にある」

宝塚雪組トップの望海風斗、退団会見 「私の人生はすべて宝塚にある」

退団会見に臨む宝塚歌劇雪組トップスター望海風斗=大阪市内のホテル(撮影・山田喜貴)

退団会見に臨む宝塚歌劇雪組トップスター望海風斗=大阪市内のホテル(撮影・山田喜貴)【拡大】

 10月11日付での退団を発表した宝塚歌劇団雪組トップの望海風斗(のぞみ・ふうと)が18日、大阪市内で会見を行った。

 「私自身、男役が大好きで、宝塚の舞台で立っている時間が人生の中で一番幸せな時間。決断するには勇気がいったが、応援してくださる方に最後まで男役を楽しんでいる姿をお届けできれば」

 2003年に入団して花組に配属。前花組トップの明日海りおらと同期で、14年に雪組へ組替えとなり、17年7月から雪組トップに就いた。

 歌、ダンス、芝居と三拍子そろい、同日付で一緒に退団する相手娘役、真彩希帆(まあや・きほ)とのコンビは平成、令和の宝塚を代表するトップと評される。

 もともと、「トップという立場にならせていただいたとき、一生できるものではないので2020年が一つの区切り」と感じていたそう。

 昨夏の「壬生義士伝」稽古中、舞台袖に立っているとき、「みんながものすごく輝いていて“尊いものを見ているなぁ”と涙がつーっと出た何とも言えない幸せな瞬間」に卒業を意識した。

 雪組の仲間には一昨日、東京宝塚劇場公演「ワンス・アポン・ア・タイム」(21日開幕)の稽古終了後に報告。

 「みんな、次の大劇場作品が発表された時点で覚悟していたみたい。逆に私はすっごい早い“退団ブルー”が訪れてて、言ってしまったらカウントダウンが始まってしまうから、まず私が先に泣きました。だいたい『みんなが泣いてくれました』ってなるのに」

 真彩からは退団の意思を伝えた際に「私も一緒に退団していいですか」と聞かれた。

 「一緒にスタートしてゴールする。ありがたいなぁ。常に同じところを向いて一緒に戦ってくれた。手をつないで歩くっていうより、戦いながら走っていく感覚。自分一人では見えない世界が広がった。感謝です」

 退団公演「ミュージカル・シンフォニア『fff-フォルティッシッシモ-』~歓喜に歌え!~」「レビュー・アラベスク『シルクロード~盗賊と宝石~』」は宝塚大劇場で7月17日から8月17日、東京宝塚劇場は9月4日~10月11日。

 「小学生のころからあこがれて、何の疑いもなくここに入るんだって思っていたので、そのほかの道を知らない。私の人生はすべて宝塚にある」

 いま、自分にかける言葉は-の問いに「(宝塚を)目指してくれてありがとう。想像していたよりも幸せだよってことを伝えたい」とキッパリ。

 退団後は「男役以外の自分が想像できない。これからゆっくり自分が何をしたいのか向き合っていきたい」とし、“お約束”で最後に結婚の予定を聞かれると、「ありがとうございます。結婚はもちろんないです」。笑顔が弾けた。

  • 退団会見に臨む宝塚歌劇雪組トップスター望海風斗=大阪市内のホテル(撮影・山田喜貴)
  • 退団会見に臨む宝塚歌劇雪組トップスター望海風斗=大阪市内のホテル(撮影・山田喜貴)