2020.2.15 05:01

IR汚職で秋元被告会見、賄賂受け取り「一切ない」

IR汚職で秋元被告会見、賄賂受け取り「一切ない」

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡る汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員、秋元司被告(48)は14日、国会内で会見を開き「賄賂を受け取ったことは一切ない」と述べ、公判で無罪を主張していく考えを明らかにした。

 逮捕された昨年12月25日以来の公の場で「起訴された事実のすべてを否認する」とし「3月には国会に復帰して活動を再開したい」と強調した。秋元被告はIR担当の内閣府副大臣だった2017年以降、日本でのIR事業参入を目指していた中国企業から、計約760万円相当の賄賂を受けたとして起訴された。