2020.2.15 16:50

ラサール石井「マトリはいつ逮捕するか自由」薬物事件での芸能人逮捕に私見

ラサール石井「マトリはいつ逮捕するか自由」薬物事件での芸能人逮捕に私見

ラサール石井

ラサール石井【拡大】

 タレント、ラサール石井(64)が14日、自身のツイッターを更新。薬物事件での芸能人逮捕について私見を記した。

 ラサールは一部ユーザーの投稿に反応。当該ツイートでは、13日に覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されたシンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)をはじめ、薬物事件で芸能人が逮捕される前日か当日に安倍晋三首相(65)が国家安全保障局長兼内閣特別顧問の北村滋氏(63)と面会しているとされており、ラサールは「前に『逮捕者リストが官邸にあるんじゃ』と半分冗談で呟いたら、マトリは何年もかけて捜査する、そう都合よく逮捕できるか、という反論が志らくさんあたりからあったが、逆でしょ。何年も調べてるからいつまでも泳がせておける。いつ逮捕するかは自由に決められる」と主張。「冗談のつもりが本当だったりして」と意味深に記した。

 ラサールは女優、沢尻エリカ(33)の麻薬取締法違反事件の際に「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」などとツイート。ネット上でも当時、政府が「桜を見る会」をめぐる問題などから関心をそらすために逮捕したのではないかという意見があがり、「政権陰謀説」として話題になっていた。