2020.2.14 11:07

クルーズ船「ウエステルダム」、下船を開始 カンボジア首相が出迎え

クルーズ船「ウエステルダム」、下船を開始 カンボジア首相が出迎え

 日本などに入港できずカンボジア南部シアヌークビル港に到着した香港発のクルーズ船「ウエステルダム」の乗客が14日、下船を開始した。1日の香港出発後、新型コロナウイルス感染の疑いが持ち上がり、寄港先が見つからない期間が長く続いたが、乗客らは笑顔で上陸。フン・セン首相の出迎えを受けた。

 カンボジア当局は体調不良を訴えた乗客約20人の検査を実施したが、結果が陰性だったため上陸を認めた。乗客らは今後、数日に分けて下船。14日は数百人が下りるとみられるが、日本人が含まれるかどうかは不明だ。乗客らはチャーター機で首都プノンペンに移動するなどし、それぞれ帰国の途に就くとみられる。

 フン・セン氏はマスクなどを着けずに乗客らと握手し、花を手渡した。「ようこそカンボジアへ。もう心配することはない。何日でも何カ月でも滞在してほしい」と呼び掛けた。