2020.2.14 05:03(1/2ページ)

新型コロナ、日本新段階か…国内初の死者→義理の息子・タクシー運転手も感染

新型コロナ、日本新段階か…国内初の死者→義理の息子・タクシー運転手も感染

チャーター機第1便での帰国者が、滞在していたホテルからバスで出発。多くの人が見送った =13日午前、千葉県勝浦市

チャーター機第1便での帰国者が、滞在していたホテルからバスで出発。多くの人が見送った =13日午前、千葉県勝浦市【拡大】

 加藤勝信厚生労働相は13日、新型コロナウイルスによる国内初の死者が出たと発表した。加藤厚労相によると、死亡したのは神奈川県に住む日本人の80代女性。この女性の親族で、東京都内に住むタクシー運転手で70代の日本人男性など3人が同ウイルスに感染したことも確認された。これで国内での感染例は21人となり、本格的な感染拡大が心配される事態となった。

 国内で初めて、新型コロナウイルスによる犠牲者が出てしまった。

 加藤厚労相によると、死亡した80代女性は1月22日に倦怠感を認め、同28日に受診した。2月1日に症状が悪化し別の病院に入院。6日頃から呼吸状態が悪化し13日午後1時半頃に死亡。その後、検査で陽性と確認された。最近の渡航歴はなく、国内で感染した可能性がある。

 加藤厚労相は新型ウイルスについて「国内で流行しているという疫学的な情報は集まっていない」と話した。これまで国内の感染例は、多くが政府チャーター機での帰国者や、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員で占められていた。だが13日、本格的な感染拡大を危ぐさせる事例が発生した。

 東京都は、都内に住む70代のタクシー運転手の日本人男性が感染したと発表。入院して治療を受けている。発症前の14日以内に、中国湖北省や浙江省に渡航したことや海外からの訪日客を乗せる機会はなかったが、亡くなった神奈川県の80代女性の義理の息子という。

【続きを読む】