2020.2.14 05:03

カンテレ、社歌的キャンペーン曲使用見合わせ 槇原敬之容疑者が書き下ろし自ら歌唱

カンテレ、社歌的キャンペーン曲使用見合わせ 槇原敬之容疑者が書き下ろし自ら歌唱

槇原敬之容疑者

槇原敬之容疑者【拡大】

 シンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されたことを受け、テレビ局やレコード会社は今後の対応で混乱した。

 槇原敬之容疑者が作詞作曲し、自らが歌う「超えろ。」を社歌的なキャンペーンソングとして採用している大阪・カンテレはこの日、「今後は使用を見合わせる」と明らかにした。同曲は2015年春に局を挙げて行った「超えろ。カンテレ」キャンペーンのためにキャンペーンソングとして書き下ろし。夕方情報番組「みんなのニュース ワンダー」(17年3月で終了)のテーマソングに使用されていた。同番組終了後も各番組のPRスポットとして使用されていた。

  • 槇原容疑者が携わる主な番組と対応
  • 槇原容疑者の主な楽曲