2020.2.13 11:57

小林麻耶、ネット上の誹謗中傷は「もしかしたら命を奪ってしまう」

小林麻耶、ネット上の誹謗中傷は「もしかしたら命を奪ってしまう」

小林麻耶

小林麻耶【拡大】

 フリーアナウンサー、小林麻耶(40)が13日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜前8・0)に生出演。ネット上の誹謗中傷にコメントした。

 この日、番組ではネット上で繰り返される著名人への誹謗中傷問題を特集。タレント、堀ちえみ(52)のブログに「死ね」「消えろ」などと誹謗中傷する言葉を何度も書き込んだとして、北海道に住む50代の主婦が昨年6月18日に脅迫容疑で警視庁から書類送検された事件を振り返った。

 最愛の妹、麻央さん(享年34歳)を亡くしたばかりの2017年の苦しかった経験を振り返り、小林は「妹が亡くなって、自分の気持ちがすごく落ち込んでいる中で、『お前が死ねば』とか『お前ががんになれ』とかというコメントが届くと気持ちを保てなくなるんです」と当時の悲痛な思いを口にした。

 続けて「例えば、気持ちが元気なときにそういうコメントが来ても落ち込むことはないですが、その時々の精神状態はあるので。心が傷つく以上に、もしかしたら命を奪ってしまうと思うんです。それぐらい本当にひどいことだと思います」と苦言を呈した。